ツーバイフォー住宅とは

ツーバイフォー住宅は強度が命。 木造建築の優れた特性を生かしています。
耐火性
ツーバイフォー住宅の場合、床や壁の枠組材などが、ファイヤーストップ材となって燃え広がりを防止します。
木材のイメージを変えた、ツーバイフォーの高い耐火性。木造建築で日本初の耐火構造認定を取得しました。
耐震性
ツーバイフォー住宅を特徴づけるのは「面構造」です。ツーバイフォー住宅の優れた特徴である、気密性や耐熱性、シンプルで合理的な施工など、すべて「面構造」が基本となって実現されています。

ツーバイフォー住宅の優れた耐火性

もはや常識となった、火災に強いツーバイフォー住宅
ツーバイフォー住宅の場合、床や壁の枠組材などが、ファイヤーストップ材となって燃え広がりを防止します。また、ツーバイフォー住宅の構造材である木材は、火にあぶられても表面に炭化層ができるだけで中まで火が通らず、強度が低下しにくいという性質をもっています。
こうしたツーバイフォーの優れた耐火性は数多くの実験により裏付けられ、これまで発生した火災の事例などによって証明され、一定の基準を満たした建物は耐火建築物として認められています。
省令準耐火構造として火災保険加入時も通常よりも安い価格で加入することができます。
もはや常識となった、火災に強いツーバイフォー住宅
木造のイメージを変えた、ツーバイフォーの高い耐火性
かつての日本の木造住宅は、内部から火が出ると15~20分ほどで全焼しました。しかし、ツーバイフォー工法が日本に導入されて以来、各室ごとに防火して延焼を防ぐという考え方が注目されています。ツーバイフォー工法が火に強い理由のひとつは、壁や天井などに不燃性の厚さ12mm以上の石膏ボードが張られているからです。ツーバイフォーが準耐火建築物としてコンクリート造に準ずる位置づけがなされていることは、木造建築としては画期的なことといえ、そしてついに、2004年にツーバイフォー工法は、木造で日本初となる耐火構造認定を取得し、今では防火地域においても、4階建てまでの建築が可能になりました。
木造のイメージを変えた、ツーバイフォーの高い耐火性

ツーバイフォー住宅の大地震で実証された耐震性

震度7の大地震が実証した、ツーバイフォー住宅の強さ
世界有数の地震国である日本において、「耐震性」は住まいに求められる重要な基本性能のひとつです。
事実、1995年1月17日の阪神・淡路大震災と2004年10月23日の新潟県中越地震によって、いまだ忘れることのできない無数の被害が発生しました。その中で幸いにもツーバイフォー住宅は大事にいたらず、多数の事例において優れた耐震性を実証することができました。さらに、これまでに行われた実験でも、地震にきわめて強いという結果が立証されています。
震度7の大地震が実証した、ツーバイフォー住宅の強さ
ツーバイフォー住宅を特徴づけるのは「面構造」
北米生まれの「ツーバイフォー工法」は、日本古来の「軸組工法」とはまったく異なる考え方の建築工法です。もっとも大きな違いは、建物の支え方です。ツーバイフォー工法は床・壁・屋根が初めから面としてつくられ、その面(六面体)で箱をつくるように家をカタチづくります。
機密性や断熱性、シンプルで合理的な施工など、ツーバイフォー住宅が備えている優れた特徴は、全てこの「面構造」が基本となって実現されています。
ツーバイフォー住宅を特徴づけるのは「面構造」
じっくりお話を聞きたい方は、お気軽にご連絡ください。

Tel:043-202-1111

受付時間 : 9:00~18:00 メールでのお問い合わせは24時間受付中です。お気軽にどうぞ。
お問い合わせ・資料のご請求はこちら
お問い合わせ・見積りご依頼Tel:043-202-1111 受付時間 : 9:00~18:00 定休日 : 日・祝日メールでのお問い合わせはコチラ
ギャラリー紹介
ページトップへ